バッグ挿入法とは?

シリコンを用いた豊胸手術

バッグ挿入法は豊胸術のひとつで、乳房の脂肪組織と大胸筋の間にシリコン製のバッグを手術によって挿入する方法です。シリコンは非常に安定な物質であり人体の環境の中でも急激に劣化することは無く、しかも手触りが本物の乳房の様であることから、豊胸したことがバレにくいことも魅力の施術です。その魅力は何と言っても、大きな体積のシリコンバッグを挿入することによってバストサイズを1~2カップ分大きくすることが出来ることです。他の施術に比べると破格のサイズアップ数であり、シリコンバッグも様々な形のものが販売されているので理想の形のバストに近づくことが出来ます。服の上からでも分かるくらいプロポーションを改善したいなら、このバッグ挿入術を検討してみてはいかがでしょうか。

手術であることがネックになることも

バッグ挿入術は受けることでバストサイズを大幅に大きく出来る施術ですが、皮膚の下にシリコン製のバッグを留置する手術であることを忘れてはなりません。皮膚を切開するため、術後には創部の部分は赤くなったり腫れたりすることがありますし、術後はその影響でむくみっぽくなってしまい、バストサイズが正確に評価できないこともあります。バッグ挿入術は術前術後に入院を要する手術ではありませんが、この赤みや腫れが引くまでのダウンタイムを安静に過ごすことを求められます。他の豊胸術に比べて、このダウンタイムもバッグ挿入術では長くなってしまうことがネックになることがあるかもしれません。様々な長所や短所を勘案して、豊胸術を選ぶ必要があります。