脂肪注入法をやってみよう!

脂肪注入法のやり方とメリット

豊胸手術には様々なやり方がありますよね。バストアップを目指したいけど体に傷をつけたくないと思っている人も多いのではないでしょうか。脂肪注入法はメスを入れずに豊胸手術ができるやり方で、自分の太ももやおなか周りから脂肪を取り、老廃物を取り除いてバストに注入する事ができます。その為、人工的な物を入れるのに抵抗があるといった方には良い方法ではないでしょうか。しかも、おなか周りやおしりから脂肪分を取る事により、気になる部分のサイズダウンを期待出来たり、自然な形でバストアップを目指す事が出来ます。そして何より大きな傷をつけずにバストアップをする事ができるので、メスを入れる事に抵抗がある方は検討してみてもいいかもしれませんね。

脂肪注入法をした後のケアの仕方

手術をした後のケアは、安静にしておくことが大切です。注入した脂肪は血液に生着し栄養を貰う事で形を保つ事が出来ます。しかし生着するまで少し時間がかかる為、マッサージなど刺激を与えてしまうと、バストが崩れてしまう場合があるので注意が必要です。また、脂肪の生着を良くする為にも、ニコチンの摂取は控えるといった事が挙げられます。その他にも豊胸手術後のメンテナンスがとても大切になってきます。脂肪注入法は、注入した脂肪が体内に少しずつ吸収され形が崩れる事がある為、胸にしっかり定着しているのかを確認する必要があります。その為、定期健診をして左右の大きさや形のバランスを整えるなど、メンテナンスを行う事で綺麗なバストを保つ事が出来ます。